【#2472】 今日の本棚から

先日羽田空港のコンコースで、私の前をスマホを操作しながら歩いてい
る人が、方向を間違えたのだろうか、急に方向を変えたので、キャリー
バッグが私にあたりトラブルになった。

私は大きな声で「スマホを見ながら歩くんじゃないよ。危ないじゃない
か、歩く時ぐらい前を見て歩け」と・・・

その人は私を睨んでそそくさと走るように逃げて行った。50歳を超えた
いい歳をして、歩きながらスマホをしながら歩くとはね、

また、山手線でスマホに夢中になっていた人が下車駅で慌てて飛び降り
ようとして、乗ってくる人とぶつかり、口論となっていた。スマホに夢
中になって下車することも気づかず、慌てて降りる人が悪いのに
ね・・。

また、右手にスマホ、左手にコーヒーカップもって、人込みを歩いてい
る人がいたが、ぶつかってコーヒーを落としてしまったら・・
こんな光景は日常的になった・・・礼儀もマナーもなくなったな。

 倫理法人会の万人幸福の栞に「人は鏡 万象はわか師」がある。

  人は人、自分は自分と、別々の生き物と考えるところに、人の世
  のいろいろ不幸がきざす。実は人はわが鏡である。自分の心を映
  す影像にすぎぬ。・・・(万人幸福の栞・・第4)

 経営も同じである。社員の行動、しぐさ、仕事のやり方、問題意識は
その会社の経営者の映像かもしれないな。
会社には、経営者の方針や理念、企業文化がある。そしてその方針や理
念や企業文化は、仕事のやり方やお客様対応、営業や製造などにも空気
として支配しているものだ・・・・
 
 人間は自分一人で生きているようだが、決してそのようなことはな
い。誰一人として一人で生きられる人はいない・・・
 家族がいて、仲間がいて、同僚がいて、同志がいて、同期がいて、盟
友がいて、親友がいて、竹馬の友がいて・・・多くの人との関係性の中
で生きているな・・・

そしてその関係する人から学びながら生きている。師として、反面教師
として、アドバイザーとして・・・学ぶ事はいっぱいある・・・

松下幸之助は、一つの製品ができると、新入社員の女性工員からも意見
を聞いて、改良に取り組んだという・・・

今日はこれで終了とする・・・。